記帳代行サービス

記帳代行とは

記帳代行とは、ご自身の会社で行っている「会計ソフトへの入力」を当事務所が代行するサービスです。

法人は年度末に決算申告を行うことが義務づけられていますが、その際に必要な税務申告書の作成は日々の記帳データです。
多くの会社では経営者の方や経理担当者が毎日の取引記録を基に記帳業務を行っていますが、正確な税務申告書作成のためには「簿記」の知識が必要不可欠となります。

簿記を知らずに記帳業務を行う場合、会社にとって不利益な経理をしてしまうどころか、場合によっては脱税行為とみなされる経理をしてしまう可能性があるのです。

税務申告書の作成は税理士にお願いしてあるからと安心して、何気なく日々の記帳業務を行っている経営者の方や経理担当者はよく見られますが、気づかぬうちに損をしてしまっている可能性があるのです。 

すなわち、記帳業務は会社にとってデメリットをもたらす可能性がある上に、手間が掛かる、意外と難しい業務なのです。

こうした理由から、記帳業務を外部の専門家に依頼するケースは少なくないのです。

 

当事務所の記帳代行サービスの特徴

当事務所の記帳代行サービスを利用すると以下のメリットがあります。

①手間いらず

お客様は当事務所からお送りする専用ファイルに領収書や請求書、銀行通帳コピーなどを入れて送るだけ

そのほかの面倒な手続きは不要です。

②処理がスピーディ

記帳内容が会計処理として正確であることはもちろんですが、処理が速いことが特徴です。

専用ファイルが当事務所へ到着後、7営業日以内に試算表・作業完了報告書を提出します。

 

このようなお悩みがある方はぜひご検討ください!

  • 経理業務などのバックオフィス業務はアウトソーシングして本業に集中したい
  • 簿記の知識があいまいなので専門家に任せたい
  • 記帳業務をスピーディに処理したい
  • 経理担当者の負担を減らしたい
  • 正確な記帳によって自社の経営状態をしっかりと把握したい

このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ当事務所の記帳代行サービスをご検討ください!

サービス対象

法人・個人事業主

 

記帳代行サービス料金

※別途消費税を頂戴します

お問い合わせはこちら