監査サービス

当事務所では、大手監査法人での監査経験豊富な公認会計士が、高品質な監査業務を提供しております。
(規模に応じて経験豊富な公認会計士チームを組成します)

監査業務を通じて、クライアント様の健全な発展に寄与することを使命としております。

 

法定監査業務

会計監査業務は、公認会計士にのみ認められた業務です。主に以下の業務を提供しております。

  • 金融商品取引法監査(非上場会社を対象)
  • 会社法監査
  • 公益法人監査
  • 独立行政法人監査
  • 学校法人監査
  • 社会福祉法人監査
  • 信用金庫・信用組合監査
  • 労働組合監査
  • 投資事業有限責任組合監査
  • 政党助成監査
  • 地方公共団体の包括外部監査

 

任意監査・特別目的監査

法定監査とは異なりますが、法定監査に準じた監査の品質をもって証明業務を提供します。

  • 株式上場準備のための任意監査
  • 親会社をはじめとする株主への財務報告の信頼性を高めるための監査
  • M&Aの際に、ターゲットとなる取引先・関係先などの財務報告の信頼性を確保するための監査
  • 投資目的として、投資対象会社の財務報告の信頼性を確保するための監査

 

※この場合の「監査」は、他人の求めに応じ報酬を得て財務書類の監査又は証明をする業務であり、公認会計士法に定められている独占業務をいいます。会計事務所が行っているいわゆる「月次(巡回)監査」とは異なります

任意監査のメリット

財務諸表(決算書)の適正性を外部専門家が証明することから、以下のメリットがあります。

  • 銀行や取引先からの信用が高まる
  • 投資先等の財務に関する不透明性(簿外資産・負債など)を解消することができる
  • 不正を発見することができる
  • 監査の過程を通じて内部統制上改善すべき事項を検出することができ、業務改善につながる

 

 

個人会計事務所に監査を依頼するメリット

大手監査法人にはない、コストパフォーマンス・機動性の良さを発揮することができます。

  • 必要最小限の人数で監査を遂行するので、無駄な監査コストがかからず、監査報酬が大手監査法人に比べて安価に抑えられる
  • 監査責任者が往査するので、各種相談に対して迅速・柔軟に対応することが可能
  • 大手監査法人のような「形式的な監査手続」を極力省略し、会社の規模に応じた効率的な監査を実施
  • 大手監査法人のような「監査担当者の入れ替わり」が無いので継続的に関与が可能

 

お問い合わせはこちらから