クラウド家計簿ソフトの活用 帳簿作成、確定申告、キャッシュレス

クラウド家計簿ソフト「Money Forward ME」を使用し始めてから1年余り。お金の管理には欠かせないツールとなっています。

 

マネー管理の”はじめの一歩”は記録から

私は、社会人になってから欠かさず家計簿を付けています。

クラウド家計簿ソフトを利用する前は、お手製のExcel家計簿を使っていました。支出項目ごとに集計し、予算と比較して支出が多いか少ないかを検討できるようにしていました。

記録の無いものは管理できない

記録の無いものは管理しようがありません。そのため、その日のうちに入力する、必ず領収書をもらい保存する、領収書が無いものはメモをするなどしていましたが、率直に言って煩雑です。忘れもしますし、きちんとやろうとしてもミスは発生します。

そんな中、クラウド家計簿ソフトを利用するようになったことで、ミスが減り煩雑さが改善しました。

お金の見える化がリアルタイムで実現できる

クラウド家計簿ソフトの最大の特徴は、収入・支出情報をリアルタイムに取得できることです。財布にある現金を除き、自動連携した銀行口座やクレジットカード情報をほぼ全自動で記帳してくれるため、入力の手間を大幅に省くことができます。

そのためには、履歴情報を取得するためのユーザID・パスワードを利用していることが前提となります。もちろん、不正ログインなどを防ぐためにユーザID・パスワードの流出には細心の注意を払わなければなりません。

 

Webでお金の流れと残高をリアルタイムで管理できるということは、「見える化」できるということになり、削らなければならない支出などが問題点が明らかとなります。

問題点が明らかになれば、次の改善行動を立てやすくなります。

私自身、実際にクラウド家計簿を利用することにより、よりお金の管理の精度が上げることができ、浪費を減らすことができました。

なお、これは家計管理の話ではありますが、本質的に言えば、会社経営における管理会計にも通じるところがあると思います。

 

確定申告に必要な会計データ作成にも連動

Money Forward MEは、同社の会計ソフト「MoneyForwardクラウド確定申告」(個人事業主)にも連動しています。家計簿のデータをそのまま会計ソフトへもってくるので、入力の手間が大幅に削減されます。

もちろん、事業の必要経費と家事費と分けるなどの各調整は必要となります。また、自動に記帳されるからといって領収書の保存義務がなくなるわけではありません。

それでも、領収書や預金通帳を見ながら会計ソフトへの入力をする手間が省けることはメリットとしてとても大きいです。

 

キャッシュレスと家計簿ソフトの相性は良い

クラウド家計簿はキャッシュレスと相性が良いです。

どういうことかというと、家計簿を簡単に作成するため自動連携サービスに対応した電子マネーやクレジットカードなどを普段の支払に利用しようとする→現金をあまり使わなくなる→電子マネーなどで足りるので現金を持ち歩かなくなる、という感じです。

キャッシュレスに慣れてしまうと本当に楽です。後戻りはできないと感じています。

 

まとめ

日本では残念ながら電子マネーの普及はまだまだなので、完全にキャッシュレスというわけにはいかないのが現状です。

個人的には、現金を持ち歩くのはあまり好きではないので、キャッシュレスが広く社会に普及することを望んでいます。